読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 彼は私に対してどこまでもやさしい。いつだったか、私が今の仕事を始めたばかりのころに体調を崩したことがあった。その仕事は自分に合っていると思っていたけれど、ストレスが溜まるとすぐ身体に出ると知っている私は少しショックだった。そんな私を見て彼は「環境が変わったからちょっとしんどくなっただけだよ、大丈夫、ゆっくりでいいから」と笑ってくれたことがあった。彼はもしかするとどこかの国の王子様なのだろうか?こういう言葉、普通男の人は言うのだろうか。私の恋愛経験が少ないからそう思うのだろうか。それとも私が知らないだけで世の男たちは好きな女にこんなやさしい言葉をかけているのだろうか。私よりも三年早く生まれた彼を、その時初めて「本当に年上なのだ」と思ったのだった。まあ年上だからどうというわけではないし、私よりも若い人でこういう言葉を口にする人はいるかもしれないのだけれど(多分いないと思う、いたとしたら相当辛いことを経験して達観しているのだろう)、その時の私の率直な感想だった。そんな彼はよく私を「プリンセス」と言う。私が忘れているだけで、ほんとうは彼と私はヨーロッパとかのどこかの国の王子様とお姫様で、駆け落ちでもして日本に来たのかもしれない。・・・なんてな!